フォト
http://www.pecope.com
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バナー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

難しいぞ

これは難しいです。

なにがって?

先日、明第一地区の小金大会予選がありました。
当然、改正ルール、どうする?となるんですが
今回はジャンプボールはあり、キャリングに関しては露骨なものは取る、
というようなスタンスで入りました。

で、やってみた感想です。

第一試合、南花島-ヤング戦で主審をしたのですが、
キャリングを厳しく取ると、体感で7割の投球はキャリングです。
選手にとっても、かなりの意識改革をしないと、試合にならないほどの数です。

もちろん、審判にとっても難しいです。
主審しながらだと、20秒カウントしつつ、頭にあるキャリングをしっかり見ようと、どうしても4歩を見てしまいます。
そうすると、いま何秒かふっと抜ける。
更に足元ばかりに目が行ってボールコースがおろそかになります。
アウト、セーフをつい見るのが遅れる。
これは、選手もそうだけど審判も相当訓練がいりそうです。

昨日の時点で、全てを取ってしまうと、本当に1級で攻守交替の連続でしょう。
とくに内野センターは、こぼれだまを拾いにいって投げるので歩数が超える傾向にあるようです。

子らからの大会で、どの程度取るのか?
ある程度塩梅を見るのか、厳しく取るのか。
コートごと、あるいは試合後とで主審が変わるたびにキャリングの取り方でバラ月が出ると、試合結果にもかなりの影響をおよぼしそうです。

サッカーのPKとかでもそうだけど、これをとったらこのプレーも反則とらなきゃなって、バランスを取ることはよくあります。
そうなってくると、自分の中で基準がどんどん厳しくなって、プレー事態がどんどん荒れることもあるんですよね。
ある試合で厳しかったから、つぎの試合はもう少し緩くするかとか、
かなり自分の中で判断基準をしっかり持っていないと、迷いのある判定が増えてしまうかもしれないです。
難しいですよ、これは・・・
判定によっては、背中に当たる怖いお母さんの声が突き刺さって来そうです。

ってことで、しばらく本気の試合では主審、やりたくないぁぁ・・

まぁ、半分冗談、半分本気ですが、キャリングの判断に関しては
定着するまではうまいこと選手、チーム、審判で作り上げていくんでしょうね。
どちらか一方的にならないことが大事かなというのがやってみて思いました。


ジャンプボールですが、午後の合同練習で、地区紅白戦の際にやってみました。

やっぱり、ちょっと違和感がありますね。
ゲーム開始と、ボールデッド時の違いというか、メリハリがなくなった感じです。
ダイレクトがありになるけど、不思議とパス回しから入ってましたね。

3年間、ベンチを預かった身から言うと、
前半のジャンプボールをいかにマイボールにするかというのは、
試合の流れを決める大きな要素でした。
うまく前半でマイボールから始まられれば、最初の1分を支配できることもあります。
1分あれば、うまくいけば3枚差をつけられます。
この枚数差を、後半のアドバンテージにできるんですよね。

今回の改正で、後半、ボール所持が変わったところで、前半にボールをとったチームがかなりの率で試合の主導権を握れるのでは?と個人的には思っています。
(もちろん、お互いの戦力が拮抗しているケースの想定です。)
ベンチの戦術上でも、新しい対応が必要になりそうです。
まぁ、自分はサッカーをやっていたので、自分的にはそのやり方でも、慣れれば違和感はなくなるかなとも思うのですが。
ベンチとしてはボール取れなかったさ、サイドを変えちゃえ、何てこともあるかも。
そしたら、応援で陣取ったほうも、移動が大変になるかも、なんて考えちゃいます。

ちなみに、今回卒業した娘は、小さいころに入部したときから
ジャンプボールをやる選手にあこがれていたそうです。
どこのチームでも、キャプテンとか、内野で頼りになり、身体能力も高い選手がジャンプボールをやるケースが多いと思います。
まぁ、いってみれば花形ですかね。ひとつの見せ場でもあったと思います。

今回のルール改正、ドッジをやる子供の減少、それによるチーム間の学年構成の格差、チーム内での学年の差、身長差や体力差をなるべくなくし、小さい子でもとっつきやすく、安全も考慮して、というような流れを作るようにしていると考えますが、そういう、先輩に対するあこがれや、そういう選手を目指そうと努力する気持ちの選手もいるってことも言っておきたいです。

2012年3月18日 (日)

MVC中学交流会

今日はバレーネタです。
っといっても、今日は出勤だったので、ドッジにもバレーにも行けませんでした。
タイトルの交流会、MVCで参加しました。

Dscn8828

なつかしいでしょ

旧花島ドッジのユニを使ってます。
現行ユニに換えた後、A川元監からの依頼でMVCに使ってます。
でも、今年(といってももう、卒業だけど)のメンバーには住吉ドッジの子もたくさん。
旧花島ユニの住吉の選手を見るのも、ここならではっていう事で。


Dscn8832

試合は見てないんで、何ともコメントできませんcoldsweats01

2012年3月 5日 (月)

お別れ会

昨日は3年生男子、6年生のドッジお別れ会でした。

これで2011年度の活動は一区切り、新体制の正式スタートです。


今年度の成果!

Dsc_0388

卒団する6年生4人。


C83c5791d377


新ヘッド、Aコーチから年度通算成績の発表もありました。

これは改めて拾い上げて使いたいと思います。


お別れ会の準備に協力していただいたお母さんたち、ありがとうございました。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »