フォト
http://www.pecope.com
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バナー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 南部大会 Part2 | トップページ | 南部大会 Part4 »

2011年10月13日 (木)

南部大会 Part3

いよいよライバル古ヶ2との対決!

高柳に敗戦後、計算してみるが・・・
え~~~と、いまうちが-3で古ヶ2が+7だから・・・

点差は10開いてるけど、直接対決だから・・・

7点差つければむこうは±0になるから、そのときうちは・・・


あ“”~~~!

なんだか計算してたら良くわからなくなってきたぞ。

落ち込む選手も盛り上げないといけないし、試合時間も迫る。
いいや、計算は後回し、まずは1点差でもいい、
勝ちにいくモチベーションをつけさせよう。

(注:実際は12-7以上の得点&点差で勝てればオッケーでしたが、
そのときはなんだか頭が回らなくて・・・本当ですw。
まぁ、この点差でも厳しいのは間違いない)

とにかく、同地区だし3連敗だけはしちゃいかん。
点は、どうせなら大きく言っておいたほうが子供も刺激になるだろう。

10点差つけて勝っちゃおうぜ!と檄を飛ばす。


厳しい点差でもリーグ戦だ。
数字上の可能性がある限りあきらめない。


まずは1点差でいい、勝とう!と送り出す。

開始、立ち上がりの1~2人はもういつものこと、しょうがない。
と思っていたら・・・

攻撃陣も開き直ったのかパスもできてきたし、ボールも走ってる。
よし、これならいける。

かすって当てて、マイボールで続く、いいパターンが続く。

一時は4人まで減らす。
できすぎなくらい。

古ヶ2タイム。
これから攻められるだろうし、あまり点差は気にしないでいい。
最後に1点でいいから勝ってよう。
送り出す。

リスタート、やはり弱いところを狙われたがそれまでのリードが効いて
前半、1点リードで折り返した。

いいぞ、得失点で上まわらなくてもいい、すぐに地区大会もあるし、
今ここで古ヶ2に勝たれたらそこも厳しくなる。
3連敗しないのが大事だ。


後半

1点差はないのと同じ、もう一回やり直すつもりで行こう。

立ち上がり、やはり古ヶ2の猛攻。
前半の差を一気に無くされる。

でも、うちの内野も決して好調じゃないけど、いつもよりがんばってるぞ。

攻撃は相変わらず好調、内野は減ったもののしばらく4枚は残しておいたので
攻めパターンは残してある。
あせることはない。

攻撃陣も初戦と違い、今度はあわてていない。

一人ずつ内野に戻し、元外野はすべて復帰。
当たった9番をセンターに置いてラストの攻防。

内野に戻った6年がヒット、当てたボールがこぼれて、カバーに入った14番にころがる。

追いかけてきた古ヶ2より先に拾い、目の前にシュート!


当てた!


まさかのヒットだ。
(この14もお父さんがコーチ、家で聞いたら無意識に当てに行ったってscissors。)

この2点、大きいぞ。

なんと、1番一人まで減らす。
現状で8点差、のこり15秒。
マイボールでタイム。

最後、この一人を当てるのはかなり難しい。
無理していかない、最悪なのは早打ちで相手ボール、あるいはボールデッドで相手ボールになり、
外野から食らうことだ。
それだけやらなきゃいい、時間指示するから最後一発シュートで終わろう。
再開、どきどきしながらパス交換見て、シュート指示。

と思ったら・・・

ちょっと審判と時計が違っていた。

行け!の前にホイッスル。

でも、8点差で終了。

この時点で、ベンチも選手も勝ったことだけで満足。

正直、点差はひっくり返していないと思っていた。

整列でもお互いどっち?な雰囲気。

あいさつで、T監督に、勝ったけど届いてないから、決勝Tがんばって!って言ったら、
いやいや、ひっくり返ったよって言われ、え?・・・
あ、たしかに向こうが-1になって、うちが+5だ、
勝ちのこっちゃったぞ!

じわっと喜びが伝わるがまだ信じられない。
成績表、なんどもみて、やっぱり2位だよってなるんじゃ?
不安で見返すけど、でも、まちがってない。

3連敗しなかっただけでも大喜び、まさかの決勝T進出になった。
ちゃんと計算しなかったのが無欲でよかったのか?
(そんなわけないか・・・ベンチはちゃんと計算しとけよって某地区代表に怒られそうだが・・・)

約束のハーゲンダッツを子供たちは自力でゲット!

次の相手。

虹の街-あおぞらの勝者が相手になる。

どちらも対戦がしばらくないし、よく見ておかなきゃ。

試合はあおぞらが勝利。
次の相手が決まったぞ。

これに勝てばお互いメダル確定。
こういう試合はどこでリズムがかわるかわからない。

特にさっき盛り上がった後でさらにお昼のあとの試合。
緩みだけは大敵だ

試合開始。
やっぱり、気持ちが緩んでるか?
一時はリードされるシーンもあった。

やっぱりベスト8までくると安心はできない。
とくに新松戸地区は各チーム、じわっとレベル上がってきてる。
あおぞら内野は動きがそろっていて、振り返りもいい。
これからどんどん上手になりそうだ。


とにかく、途中からスイッチが入った。
後半は一気に攻めきれた。

17-4で勝利。メダル確定だ!

ひさしぶり、夏の古南小依頼の準決勝進出だ。
次は金ヶ作と中金杉の勝者。

しかし!ここでも波乱が!

« 南部大会 Part2 | トップページ | 南部大会 Part4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502872/52979639

この記事へのトラックバック一覧です: 南部大会 Part3:

« 南部大会 Part2 | トップページ | 南部大会 Part4 »