フォト
http://www.pecope.com
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バナー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 旭学区大会 | トップページ | 学区大会 その3 »

2010年11月16日 (火)

学区大会 その2

今回の学区大会、チームとしても目標は二つ
1.4枚攻撃がどこまで通じるか
2.内野が逃げずにがんばれるか

相手は南部大会銅メダルの住吉、馬橋西口大会で虹の街を破り優勝、稔台大会でも銅メダルの寿、
最近2連敗となかなか勝てない北部だ。

まさに、今回の目標にぴったりな相手と対戦となった。

住吉さんとは春の学区大会であたったときには、入部したばっかりのちびっ子内野が怪我しないように、
以下に逃げようかって考えてた(汗)

寿さんとは夏の古南小で勝ったもののかなりの幸運があったのは確か。

6年生主体の北部さんには単調な攻撃だと、やはり落としきれない、現時点でやや苦手にしてしまっているチームだ。

今回は攻撃に4年生も入れてみる。
その分「2」が内野で暴れられるようになる。
「1」「2」のカットも息が合うから、少しは内野の助けになるはず。
そして4年生の「5」を入れた攻撃が、この相手にどれだけ機能するかも来年を見据える上で、とっても試したかったのだ。

攻撃陣にはいつもと違って、4枚を崩して内野に戻すのは5分過ぎてから。
それまでは内野が厳しくなっても、戻さないからしっかり攻撃を組み立てて
どこまで通じるのか試しておいでと伝える。

内野陣。
ちびっ子が多いせいで、秋口の6年生主体のチームの伸びについていけない時期が来た。
逃げてしまうのだ。背中や足に当たってまた相手ボール。
マイボールにならないので攻められず、内野がどんどん削られてしまう。
悪循環に陥っていたのが最近の南花島だ。

立て直すには、地味な練習でボールを迎えにいけるようにするしかない。
しばらく、そんな練習が続き、この日はどれだけ成果が出せるかが課題だ。

逃げなければ当たってもマイボールにでき、攻撃につながる。
そのなかで1球でも捕ってくれれば上出来だ。


果たして・・・


初戦、住吉戦。

逃げずに捕りにいける子が増えてきた。
やはり点差はついてしまうが、住吉のおっかない縦攻撃でも見えるようになってきてる。
「9」は怖くて泣きながらもキャッチ。すごいぞ!

続く寿戦。

やはり内野に進歩が見られるが、1枚まで削られてしまった。まぁしょうがない。
内野として進歩はここでも見えた。
その、一人残ったのは「1」。
4枚を崩さないで攻めるのは予定通りなので、自分としては「1」だけ残ってれば十分。
まず落ちることは無いだろうと安心できるので、残り一人でもあせらず、マイボールにしたらあわてず4枚(いや、「2」も出て行ってるので5枚で攻撃できる)で攻めきるように指示。

結果、残り一人からこっちのペースにできて前半、大逆転したのだ。
4,5年生攻撃で6年内野を落として逆転、もう上出来でしょう。

っていうか、残り一人からそのハーフ内で逆転した試合って、初めてかもしれない。

ちょっとすごいぞ、と思いながらも、後半はそうは行かないだろうと伝えて後半戦。

前半と同じく、4枚は最後まで崩さない予定なので点差がつめきれないのは覚悟の後半。
相手の勢いでこっちの攻撃も単純になってきたので、応援の声援と、相手の勢いに乗っからずに、
ちゃんと4枚で自分たちの攻撃リズムをつかむこととタイムで指示。
結果、1点差で負けてしまったが、寿相手にこれだけの接戦ができたのは収穫だ。

残念ながら2敗になってしまったので、準決勝進出はなくなったが、北部にはどうしても勝ちたいぞ。


その3に続く(たぶん)

« 旭学区大会 | トップページ | 学区大会 その3 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502872/50044898

この記事へのトラックバック一覧です: 学区大会 その2:

« 旭学区大会 | トップページ | 学区大会 その3 »